information on Matsushiro (english)→ english→
第8回まつしろ現代美術フェスティバル

- Video Archives - pointer click selected icon / 16,September.2009
Video source by Ekorudo Matsushiro / web digest edit and compile by KPD

2009年7月5日(日)~20日(月:祝日)
会場:松代藩文武学校(長野市松代町松代205-1) / 文武学校(長野市Web) / 周辺地図
開館時間9:00~17:00(入館は16:30まで)
入場料:¥200

本展覧会は、第2次世界大戦末期、本土決戦に備えて造られた1級の戦争遺跡、松代大本営をもつ長野市松代にて現代アートによる表現活動を行う事により、過去の歴史を踏まえた日本と韓国、およびアジア各国との関係を、アートの面から再考察するという趣旨を携え、日韓共催ワールドカップが開催された2002年6月に公開講座の形で始まったものです。
 2004年、松代町にエコール・ドまつしろ倶楽部が発足したのを機に、同倶楽部の支援のもと、長野市松代町に残る史跡松代藩文武学校および松代大本営象山地下壕清野側に会場を移し、名称を「まつしろ現代美術フェスティバル」と変え現在に至っています。現代美術の持つメッセージを活かしつつ、日本と諸外国との新しい関係を構築し、平和な未来へ向かって踏み出す一助となることを願っています。

インスタレーション作家
白川昌生 / 北澤一伯 / 仁科茂 / 潮田友子 / 柳健司 / 丸山富之 / 高島芳幸 / 坂口直也 / 香山洋一 / 町田至 / 木村仁 / テイ・コバヤシ(米国) / ペネロペ・トンプソン(オーストラリア)

パフォーマンスアート作家
ホン・オボン(韓国) / ペネロペ・トンプソン(オーストラリア) / アンジー・シエ(シンガポール) /
モザ(ミャンマー) / 田中照幸 / 幅佳織(日本)

映像作家
花井裕一郎 / Abnormal system

コンテンポラリーダンス・舞踏・サウンドパフォーマンス
北島ちかこ / リチャード・ハート・宮川理恵子 / リプリー・トレス

付帯イベント
◆「羽根プロジェクト」ワークショップ
7月5日(日)13:00~文武学校内(文学所)
折り鶴の羽根を素材に、平和を願う作品を制作。象山地下壕にて写真撮影。募集人数約10名。
参加料無料。後日文武学校に作品展示。

◆ギャラリートーク
参加作家によるトーク
7月11日(土) 13:00~16:00 文武学校内(文学所)

◆展示見学ツアー:参加作家による作品ガイドツアー
7月12日(日) 10:00~12:00 文武学校内

◆韓国、日本およびアジアのパフォーマンスアーチストによるアートパフォーマンス
7月12日(日) 13:00~16:00 文武学校内

◆羽根茶会
7月12日(日) 11:00~14:00 文武学校内(東序)
羽根落雁付き お茶代300円

◆現代舞踏 : リチャード・ハート・宮川理恵子
7月20日(月)海の日 13:00~ 文武学校内

◆コンテンポラリーダンス 北島ちかこ
7月20日(月)海の日 15:00~ 文武学校内

■会期2008年7月5日(日)~20日(月)海の日
■会場松代藩文武学校(長野市松代町松代205-1)および象山地下壕清野側口
■主催まつしろ現代美術フェスティバル実行委員会
■共催Art_Plus-jp(アートプラスジェーピー) ISHIKAWA地域文化企画室ナノグラフイカ
■後援長野市 エコール・ド・まつしろ倶楽部 信濃毎日新聞 週刊長野新聞社 NHK長野放送局 SBC信越放送 NBS長野放送 TSBテレビ信州 abn長野朝日放送 INC長野ケーブルテレビ
FMぜんこうじ
長野県教育委員会 長野市教育委員会
nac National Arts Council Singapore
■協力NPO法人松代大本営平和祈念館 中部建設工業株式会社
■助成ncf
■問合せまつしろ現代美術フェスティバル実行委員会
Phone : 026-238-4144 / E-mail:hk@hkimura.com Url : http://hkimura.com/ http://mcaf.jp/



アクセス
長野自動車道 / 長野インターより5分
JR長野駅・善光寺口前3番バス乗り場から川中島バス(アル ピコバス)
「古戦場・松代行」バスで約30分「松代駅前」下車,徒歩7分
JR長野駅・タクシーのりばから約30分

大きな地図で見る © mcaf, All Rights Reserved. ↑ scroll up