北澤 一伯 Kazunori KITAZAWA

photo by Hitoshi Kimura

photo by Tetsuya Machida

作者名 : 北澤一伯 
作品タイトル: 「固有時と固有地」連作No.8 くりかえし対立する世界で白い壁はくりかえしあらわれる
制作年 : 2006〜2013
作品素材: 壁材(245cm×260cm) 象山地下壕清野側4号出口付近の岩石の破片 硝子破片 土砂 胡桃の樹 4号出口周辺までの遊歩道
作品サイズ: 象山地下壕清野側4号出口を中心として半径30mの場所

コンセプト:
くりかえし対立する世界で白い壁はくりかえしあらわれる。
物質には言葉の潜行があり、場所には沈黙と異なる話法がある。
3・11後、綺麗な言葉の表面には裏があることが暴かれたにもかかわらず、その暴かれた裏面は、何事もなかったかのような沈黙の表面と化して綺麗な言葉になっていく。土も水も汚染されつづけたまま風化が語られる。
綺麗な言葉とは、3・11以前から主流に位置し、不都合な真実を、綺麗で何事もなかったことにしてしまう話法の語り手たちの語り口のことだった。白くすべすべして綺麗な、しかもペラペラに薄い住宅用壁建材と同様に。
コメント:「くりかえし」を隠れたテーマにしたこの作品は、何度でも解体され、何度でも構築されて、普段は見えない彼等の在り様を露呈させる契機になっている。対立がくりかえされる不毛な世界において。

Kazunori KITAZAWA
Title: "Specific time and Site-specific zone" No.8 In the world which never stops conflict, White Walls appear again and again
Date: 2006〜2013
Material: The promenade to the tree of rock flakage glass piece earth and sand walnut 4 exit outskirts of the neighborhood of wall materials (245cm *260cm) Shozan dugout Seino side 4 exit
Size: It is a place of a radius of 30m around a Zhozan dugout Seino side 4 exit

Concept:
White walls appear repeatedly in this world repeatedly in conflict.
Words are hidden by the material, and there is both silence and a different narration in the place. Although after 3/11 it was exposed that there is a dark side to all fair words, that exposed dark side became the silent front side, as if it were nothing, and became fair words.
While the earth and the water continued to be polluted, talk faded away.
Since even before 3/11, fair words were the normal way of speaking. The truth of problems was nicely spoken of as it was nothing. Just like the pretty, silky white of thin walling material.

Comment:
These works with the hidden theme of “repetition” are dismantled again and again, and rebuilt again and again. They are an opportunity to expose what is not usually visible. In this barren world where conflict is repeated.

北澤一伯 Kazunori KITAZAWA
1949年伊那市生まれ。2008年12月、約14年間住みながら制作した「丘」をめぐって』連作「残侠の家」を終了。2010年11月、生家で体験した土地の権利をめぐる問題を、場所の「境(さかい)論」として把握し、自己正当化のため巧妙かつ隠微な虚をつく邪悪な人たちの思考の物質化を試みて、「池上晃事件補遺No3刺客の風景」を東京国立博物館柳瀬荘(所沢市)で展開した。



分枝 寄稿テキスト (branching 01~)

© mcaf, All Rights Reserved. ↑ scroll up