柳井嗣雄

photo by Hitoshi Kimura


柳井嗣雄 Tsuguo YANAI
タイトル : 身体の行方 2012
制作年 : 2012年
素材 : 杉皮、樹脂、ライト
サイズ : high 50 cm × wide 400 cm × depth 1100 cm
コンセプト:
杉皮を8時間煮込んで繊維を採取した。その繊維を紙漉きで再び杉皮に還した。
樹木の身体はなく、横たわった樹皮の上方で木魂は所在なく浮遊している。
「境界」シリーズは、いわゆる存在そのものではなく、多様に存在するものどうしの関係の構造をかたちにしようとする試み。

Tsuguo YANAI
Title : Missing Body 2012
Date : 2012
Material : cedar bark, resin, light
Size : high 50 cm × wide 400 cm × depth 1100 cm

Concept:
Fibers were obtained by simmering the cedar bark for 8 hours. The fibers were remade into cedar bark using a paper-making process. The trees are not physically present; above the bark, laid on its side, gently float the spirits of the trees. The “Boundary” series attempts to put form not to a presence in and of itself, but to the creation of a relationship between various presences.




柳井嗣雄の紙芸術

© mcaf, All Rights Reserved. ↑ scroll up