山上晃葉

photo by Kazuya Osame


Ikeda Masuo Museum / photo by Tetsuya Machida


山上晃葉 Akiha YAMAKAMI
作品タイトル : fission
制作年 : 2011

作品素材 : 布、綿
作品サイズ:HxWxD cm 250×480×50

コンセプト
「人間の身体」は私の作品において主題でありインスピレーションです。人間の身体を視覚的なモチーフとして用いることによって、私は作品を通じて人体の肉体的な存在、魂と肉体の関係、そして絶えず繰り返される生と死を表現しています。
この作品では、人間が存在する上で最初におこることのひとつ「細胞分裂」や、魂が身体を去ることなど、「離れる」ことから生まれるエネルギーを探求しました。

Artist : Akiha YAMAKAMI
Title : fission
Date : 2011
Material : cloth, cotton
Size : HxWxD cm 250×480×50

Concept
The ‘human body' is the main subject and inspiration of my work. Using it as a visual motif, I express the 'Experience' of our physical existence; the 'Relationship' between the spirit and flesh; and the perpetual 'Cycle' of life and death. In my recent work, I explore the energy that arises from 'Separation', such as the cell division which is the very first event of human existence, as well as the departure of human soul from the body.




akihayamakami.com

© mcaf, All Rights Reserved. ↑ scroll up