白川 昌生



白川昌生
作品タイトル:「日本大回廊 松代から福島へ」
素材:アクリル
大きさ:150x250cm 
制作年:2012年
コンセプト: 松代大本営に作られた回廊は、現在の日本におけるさまざまな国策事業と同類の構造をもって今日までも続いている回廊である。この回廊が未来も同じように続くのか、それは阻止しなければいけないのだが、不気味に回廊は過去から現在まで続いている。

Artist: Yoshio Shirakawa
Title of Work: “Japan’s Large Corridor, From Matsushiro to Fukushima”
Material: Acrylic
Size: 150 x 250cm 
Year: 2012
Concept: The wartime tunnels of Matsushiro Daihonei represent a corridor reaching from the past into the present. The strength of this corridor built under the demise of a Japanese public symbolizes the power of a country which even today continues to disregard her people. Will this corridor force itself into the future? Can it be stopped? Such a foreboding corridor leads a faithful public from an unfair past, into an unfair present and now reaches towards an unfair future.

白川 昌生 Yoshio SHIRAKAWA
1948年北九州に生まれる。83年にヨーロッパから帰国,以後国内外で作家活動を行う。美術評論活動も行う。最近の著書では「美術館、動物園、精神科施設」2010年 水声社。「西洋美術史を解体する」2011年水声社。ポスト資本主義社会での美術の可能性を地方に生活しながら探る。



© mcaf, All Rights Reserved. ↑ scroll up