町田 至

photo by Hitoshi Kimura
photo by Tetsuya Machida

作品タイトル : 人々
制作年 : 2012年
作品素材 : イチョウ、ケヤキ、花崗岩、キハダ、アカシヤ、イチイ、ほか
作品サイズ : high 120 cm × wide 120 cm × depth 200 cm
コンセプト:
日本文化の一例として木材の利用を挙げることに抵抗を持つ人は少ないだろう。
なんといっても世界最古の木造建築は日本にあるのだ。
古くから木材という天然資源(再生可能!)は日本人の生活の中に広く活用されてきた。

現在壊滅的な状況ではあるが、この国には木に関する知識や知恵や技術が数多く受け継がれている。
私はそれを残したい。
愛国心とは、自国の文化を誇りに思い他国の文化を尊重する気持ち、のことだと思う。

Itaru Machida
Title : People
Date : 2012
Material : Ginkgo, Japanese zelkova, granite, Amur corkgtree, acacia, Japanese yew.
Size : high 120 cm × wide 120 cm × depth 200 cm

Concept:
There have probably been more than a few people who oppose the use of wood as a part of Japanese culture. That said, the world’s oldest wooden structure is in Japan.
The use of our natural resource of wood (renewable!) has grown in the life of Japanese people, since ancient times.

The current situation is one of devastation, but in Japan we continue to be the recipient of much knowledge, wisdom, and skill relating to trees.
I want this to remain.
I believe that patriotism is feeling pride in one’s own country’s culture, while respecting that of others.
町田 至

1977年長野県生まれ。
愛知学院大学文学部卒業後オートバイ整備士として就職。
幸せを求めて退職し、多摩美術大学造形表現学部にて油画を学ぶ。
もの派の代表的作家リ・ウーファンの作品と理論に影響を受ける。
2009年東北芸術工科大学大学院修士課程彫刻領域修了。



© mcaf, All Rights Reserved. ↑ scroll up