北澤 一伯

「固有時と固有地」連作No.7 photo by Tetsuya Machida
りかえし対立する世界で白い壁はくりかえしあらわれる


「固有時と固有地」連作No.7 photo by Hitoshi Kimura
りかえし対立する世界で白い壁はくりかえしあらわれる

作者名 : 北澤一伯 
作品タイトル: 「固有時と固有地」連作No.7 くりかえし対立する世界で白い壁はくりかえしあらわれる
制作年 : 2006〜2012
    作品素材: 壁材(245cm×260cm) 象山地下壕清野側4号出口付近の岩石の破片 鋳鉄の破片 4号出口周辺までの遊歩道
作品サイズ: 象山地下壕清野側4号出口を中心として半径30mの場所

コンセプト:
くりかえし対立する世界で白い壁はくりかえしあらわれる。
長野市にある松代大本営象山地下壕跡の洞窟を人間のこころの暗部に、地下壕清野側4号出口付近を身体と身辺状況に見立て、『固有時と固有地』と名付けて「掃く」「はらう」「刈る」といった行為をおこなった後、壁材による物体を、地下壕清野側4号出口に設置する。

Kazunori KITAZAWA Title: "Ground repeated cultivation No. 7 peculiar with peculiar time" The white wall appears repeatedly in the world opposed repeatedly
Date: 2006〜2012
Material: Wall materials (245cm x 260cm); fragments of rocks near Exit No. 4 on the Seino side of the Shozan Dugout; scrap cast metal; the path approaching Exit No. 4
Size: It is a place with a radius of 30m around Shozan Dugout Seino side No. 4 exit
Concept:
In the world of repeated opposition, the white wall repeatedly appears. The caverns holding the remains of the Matsushiro Daihonei Zousan bunker in Nagano-shi are witness to the darkness of the human soul. The area around the No. 4 exit on the Seino side of the underground bunker diagnoses the body and one’s life. After performing the tasks of “sweeping”, “brushing” and “trimming”, the work made of wall material is erected at Exit No. 4 on the Seino side of the underground bunker.

北澤一伯 Kazunori KITAZAWA


1949年伊那市生まれ。2008年12月、約14年間住みながら制作した「丘」をめぐって』連作「残侠の家」を終了。2010年11月、生家で体験した土地の権利をめぐる問題を、場所の「境(さかい)論」として把握し、自己正当化のため巧妙かつ隠微な虚をつく邪悪な人たちの思考の物質化を試みて、「池上晃事件補遺No3刺客の風景」を東京国立博物館柳瀬荘(所沢市)で展開した。



© mcaf, All Rights Reserved. ↑ scroll up