仁科 茂
Japanese / English / document

metaphor

仁科 茂

タイトル: メタファー metaphor 
作者  : 仁科 茂 Shigeru NISHINA
素材  : 岩石 鉄 水
コンセプト:
『山から石を見つけてきては、この場所に並べている。
美術作品というも気が引ける。何の役にも立たたない行為』
と、08年のコメントで書きました。ここでの私の行為は「今だ美術(作品)となっていない」ということです。さらに突き詰めれば、むしろ私は美術作品になっていないことを選択しているのではないか。つまり、ここで作品の成立を先延ばしにすることによってのみ可能な、私の美術観が私を支えることができるのか、という問いが継続することを選んでいるのかもしれません。同時に、この場所では「死を賭けた最大の不当」行為を余儀なくされた人々を鏡にし、その対照とする「私」という概念が成立するのだろうか、という美術の成立に大きく含まれるべき問いがある、と気づきはじめたのです。

Concept:
My 2008 comment stated, “Stones from the mountain were selected, brought here, and lined up. I am hesitant about calling this a work of art. It is an act that serves no purpose.” Now, my actions “are not, even today, art (work). Ultimately, is it not that I making the choice to have it not become a work of art? That is to say, it might be that I am continuing to wonder if my artistic vision can support me, and there is the possibility that I am simply postponing the completion of my work of art. At the same time, I have begun to feel that there is a question greatly involved in the completion of the artwork – the question of the completion of the concept of “me” that is reflected in the mirror of the people forced to experience an “immense, life-or-death injustice” on this site.

© mcaf, All Rights Reserved.